闇金は、職場にも電話をしてくる事もあり、会社とトラブルとなります。
会社にも行きづらくなり、職を失う事があります。

仕事を失ってしまったら、より返済できるメドが無くなります。
そんな闇金に手を出してしまった時には、弁護士に相談する事が重要です。

いくら弁護士に頼んでも、その闇金と戦うのはお金を借りた自分です。
不当な利子を支払わないという強い気持ちが必要で、強い意思が必要になります。

その専門知識のある弁護士は闇金に対して、利子を支払わないという通知を書き、闇金に渡します。
大抵の場わいは、この通知によって、請求してこなくなります。

もし、これでも通知してくる時には、被害届を警察に届けて闇金と闘います。
闇金は、家族や会社も巻き込む事がありますので、会社や家族にもしっかりと相談をし、一緒に闘ってくれるように頼みましょう。

闇金は、実際に手を出して殴ったりする事はありません。
でも、精神的に追い詰められたその人は、社会的に復帰するのが困難になる事があります。

ですから、生活が良くなる事が難しく、カウンセリングなどを受ける事が必須な事があります。
自己破産する人も多く、その後の生活を上手く再建できるように、弁護士とよく相談する事が必要です。

闇金から解放される方法とは

闇金を利用すると借金を完済するまでしつこく迫ってきます。
それどころか返済したのに付きまとわれることだってあり得るのです。

こうした状況というのは精神的な苦痛を覚えることとなり、数多くの病気を引き起こす要因となります。
間違って利用した場合は速やかに弁護士へ相談してください。

闇金に対応してくれる弁護士なら解放されることが多くなります。
弁護士は闇金であっても借金を返さなくてもいいようにしてくれます。

元々闇金から借りたお金というのは返済義務は生じておらず、踏み倒し等をすると返済をしなくても問題は起こらないのです。
しかし闇金側も法律を理解しているので黙って踏み倒すことは無理に等しいという状態です。

これを解消するのが弁護士の役目であり、即座に債務整理の手続きを取って返済義務を消滅させます。
場合によっては自己破産ということになりますが、これによって闇金業者は取り立てをすることが不可能となります。

これでも連絡をするようなら法律に違反することになるので、裁判などで賠償を要求しても問題はありません。
弁護士の力というのはとても強力な物ですから、困った時は是非相談してください。

闇金でも力強い支えとなってくれるのが弁護士のいい所なのです。

闇金が一番嫌がることは?

闇金が一番嫌がることは相手に弁護士がつくことです。
闇金は暴力的なイメージがありますが、実際にはグレーゾーンぎりぎりで営業しています。

金利は違法なのですが、取り立てに際してあまりに危険なことは極力避けます。
なぜならば、暴行や脅迫を行うと警察にマークされてしまうからです。

いったん事件になってしまうとその闇金は徹底して取り締まられます。
そうなるともはや営業していくことは不可能になるため、そんな危険は侵さないというわけです。

しかし、ぎりぎりの線で取り立てを行っているため、時には法に触れる可能性がある行為もあります。
そんなとき、素人ならば気づきませんが、法律を熟知した弁護士ならばそれが違法行為であるとすぐに気づきます。

証拠の残し方も知っていますので、闇金側が気づかないうちに証拠をとられて警察に被害届が出されるのです。
そうなると捜査をしないわけにはいきませんから、闇金に手入れが入ります。

こうしてその闇金は潰されるわけです。
こういう経緯をたどることが多いため、闇金も弁護士相手に事を構えることはしません。

できるだけ事を穏便に済ませようとしますから、契約内容の見なおしや過払い金の請求も比較的スムーズに進みます。
闇金相手に困ったときは弁護士に相談するのが一番効き目があるのです。

闇金が使うごく一般的な貸付手法とは

違法な貸付を行い、法定金利を大幅に超えた利息をむしりとろうとする悪質な貸金業者、それが闇金融と呼ばれる存在です。
そんな違法業者である闇金ですが、闇金が貸付を行うために取る手段には、どういった物があるかご存じでしょうか。

具体的な手法を知っておくことで、キャッシングをする際などに知らずに闇金から借り入れを行うという事態を防ぐことが出来るでしょう。
闇金が貸付を行う手法の一つとして、「大手銀行グループや大企業を詐称する」という手法があります。

全く関係は無いのに、大手企業との関係があるかのように振る舞い、貸付を行うという方法です。
ロゴやイメージカラー、社名などを似せて作ることで、相手からの信頼を得ようとします。

次に、「無担保・無保証で大金を低金利で貸すというような不自然な融資」です。
当たり前ですが、真っ当に商売している金融業では、無担保・無保証で貸せる金額など微々たるものです。

真っ当な業者が担保や信用に見合った融資額を提案するのに対して、闇金では嘘の条件提示でまず交渉の場につかせようと画策しているのです。
余りにも不自然な融資条件は、疑って掛かる必要があります。

最後に「別の貸金業者に誘導し、紹介料と称してお金を取る」という方法。
いわゆる紹介屋と呼ばれる手口で、「自分達が紹介したから信用が無くても貸せた」というような理由で紹介料をせびってきます。

この時紹介されるのはこの紹介屋と同じ組織であることが多く、いわゆる紹介料詐欺というようなものです。
ここで挙げた手法は、闇金が使う手法のごく一部で、比較的有名な手法です。

こういった事をしてくる貸し金業者は闇金である可能性が高いので、どんなに融資を薦められても絶対に受けてはいけません。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·